メニューを開く

CSR情報

地域社会

当社およびグループ会社の拠点は、国内・海外の様々な地域に広がっており、各事業所がそれぞれの地域に根ざした活動を展開しています。そして、地域社会から世界へと共生の輪がさらに広がるよう、グループ総力をあげて取り組んでいます。

社会貢献活動

小学生の社会科見学として、工場見学を受け入れ

2018年10~12月に、当社横浜事業所で総計200名を超える小学生の工場見学を受け入れました。

未来を担う子どもたちに、製品および生産活動を通じた社会貢献や環境問題への取り組みについて伝えることを目的とし、小学生のキャリア教育の支援策の一つと位置付けています。

また、当社のことを紹介する子ども向けの冊子も準備し、活用しています。

当社製品の説明を受ける小学生たち 当社製品の説明を受ける小学生たち

積極的な紹介ツールの活用

当社のことを紹介する子ども向けの冊子を作成しました。当社の製品がどんなところに使われているかを掲載しているほか、環境保全への取り組みなどを紹介しています。子ども向けのイベントなどに配布するほか、小学生などの見学依頼が増えており、今後、当社のことを理解してもらうツールの一つとして活用していきます。

当社社長をモデルにしたキャラクターの「カヤモン」が当社を紹介する子ども向け冊子 当社社長をモデルにしたキャラクターの「カヤモン」が当社を紹介する子ども向け冊子

地域のイベントなどへの協賛・協力

「ニッパツ三ツ沢球技場」を軸とした活動

2008年から継続している「ニッパツ三ツ沢球技場」のネーミングライツ(施設命名権)は、2016年3月から5年間の契約を更新し12年目を迎えました。ネーミングライツの特典である無償使用権の有効活用に取り組んでいます。

ネーミングライツ継続12年目

●ニッパツ・理工系大学サッカーリーグの開催

前途有為な学生の活動を支援するため、サッカーリーグを設立し、この活動を支援しています。学生のニーズに応え、フットサルなども取り入れた多彩かつユニークな活動を繰り広げています。

●社内およびグループ会社サッカー大会

社内およびグループの一体感醸成を目的にサッカー大会を開催しています。

応援に来た従業員や家族を含めて100人余りが参加 応援に来た従業員や家族を含めて100人余りが参加

TFTで世界の子どもたちに給食を

2014年から「Table For Two」(略称TFT)を導入しています。TFTは、役員・従業員食堂で寄付金付きの食事を食べることにより、世界の貧困地域に学校給食となる寄付金を届ける仕組みです。当社では、国内11工場での実施、国内グループ会社への展開を実施し、2018年度は138,183食分(累計602,132食分)の学校給食を寄付することができました。

TFT寄付金138,183食分

地域のイベントなどへの協賛・協力

●「Aozora Factory 2018」に出展

2018年10月20日、NPO法人Aozora Factoryが主催する屋外イベント「Aozora Factory 2018」が、横浜事業所近くの海の公園なぎさ広場で開催され、当社も出展しました。「NPO法人Aozora Factory」は、1,000社以上の事業所が集積する“LINKAI横浜金沢(横浜市金沢臨海部産業団地)”の魅力発信と価値創造を目指し、産学官が協働して活動を行っています。「なるほど、オドロキ!ばねの世界」のテーマで、ばねの種類・用途・役割を、現品とパネルで紹介するとともに、ばねおよび当社に関するクイズを実施しました。横浜市立大学の学生などにも協力してもらい、多くの来場者に楽しんでもらうことができました。

盛況だった当社のワークショップ 盛況だった当社のワークショップ

●三ツ沢公園の美化活動とサッカー観戦

2018年4月22日、横浜市の三ツ沢公園で活動を行い、その後、同公園内にある「ニッパツ三ツ沢球技場」で、横浜FC対栃木SCのサッカーJリーグ公式戦を観戦しました。横浜事業所の従業員とその家族のほか、今年度入社の新入社員52人も含め106人が参加しました。公園内では花壇や植込みの草取りを行い、地元施設の美化に貢献しました。またサッカー観戦では、ピッチ脇で練習見学や記念撮影ほか、ハーフタイムにはオーロラビジョンで当社の来場観戦が紹介されました。今後も地域貢献活動を積極的に継続していきます。

新入社員も参加した三ツ沢公園の美化活動 新入社員も参加した三ツ沢公園の美化活動

●「横浜マラソン2018」の給水ボランティアに参加

2018年10月に横浜市で開催された「横浜マラソン2018」の給水ボランティアに参加しました。

当日は晴天に恵まれ、当社はスタートから約30km地点の首都高速道路上第13給水所を担当しました。

当社の120名のメンバーが、約27,000人のランナーにスポーツドリンクや水、氷砂糖やチョコレートなどを提供し、ランナーに声援を送りました。

ボランティアスタッフ一同熱い声援を送り大会を盛り上げたボランティアスタッフ一同熱い声援を送り大会を盛り上げた

●スミハツ筑波製造所でサマーフェスティバルを開催

2018年9月1日、グループ会社のスミハツ筑波製造所で、毎年恒例のサマーフェスティバルを開催し、従業員とその家族、近隣住民の方々など、1,400名を超える方々が来場しました。

毎年、芸能人を招いていますが、今年は茨城出身の芸人「カミナリ」が、地元ネタで会場を盛り上げました。そのほか、ものまねショーや戦隊ヒーローショー、手品ショーに加え、社員競技、大抽選会など多彩なプログラムで皆さんに楽しんでもらいました。今後も地域に根ざした企業として取り組んでいきます。

多くの方々が来場 多くの方々が来場

 

■社会貢献活動支出額と分野別の割合

ページの先頭へ