メニューを開く

CSR情報

環境ボランタリープラン

広範な地球環境問題に取り組むため、「地球環境行動指針」と「地球環境行動計画」を定め、1993年5月に「環境ボランタリープラン」として公表、これに基づく「環境活動方針」を年度ごとに策定しています。

地球環境行動指針

当社グループの企業理念を実現するために、企業活動の中で地球環境との共生、調和を図ることを表明しています。

地球環境行動指針
1.製品の設計・生産・廃棄に至る全ての段階を通して環境保全に積極的に取り組みます。
   ①資源の有効利用の可能性を追求し、省資源・リサイクルに徹底して取り組みます。
   ②省エネルギーの目標を売上高エネルギー原単位で年率1%以上の向上におき、省エネルギー
      を推進します。
   ③生産活動においてゼロエミッションをめざし、廃棄物削減と省資源活動を推進します。
2.地球環境問題に対する技術開発を推進し、環境保全に貢献します。
3.ニッパツグループとして環境問題に取り組むと共に、社会・地域の環境保全に積極的に取り組み
     ます。

地球環境行動計画

地球環境行動指針に基づき、取り組むべき重点項目を抽出して具体的な目的・目標を設定し、その実現のための行動計画を定めています。

重点取り組み内容

地球環境行動計画
1.推進体制
   地球環境対策委員会を設置し、グループ全体の環境保全を推進
2.個別課題への取り組み
   ① 省エネルギーおよびCO2削減                ⑤ 有害化学物質の削減
   ② 循環型社会への取り組み                      ⑥ 環境事故の防止
   ③ グローバルでのグリーン調達の推進        ⑦ 物流の合理化
   ④ 環境負荷を考慮した製品設計·技術開発    ⑧ 環境マネジメントシステムの確実な運用とレベル
                       アップ等
3. 広報・社会活動等
   企業の社会的責任(CSR)を認識し、広く地域社会·一般社会から共感を得られる環境保全活動を
   全社的に展開します。
4. 海外における活動
   環境保全の施策に積極的に取り組み、当該国の環境基準を遵守することはもとより、社会的・経済
   的状況に配慮した技術移転を行い環境保全に努めます。

環境活動方針

毎年策定する「環境活動方針」に基づき、グループ・グローバルの視点で地球環境問題に取り組んでいます。2016年度は、CO2原単位年率1%以上削減の自主目標達成のために、さらなる省エネルギー活動および省資源活動をグローバルに展開します。廃棄物管理では、国内のゼロエミッション活動を継続し、排出量・コスト抑制を推進します。また海外拠点の再資源化率向上を目指します。各種環境負荷物質の管理や、環境施設の保全・更新、および法令施設対応も計画的に行っていきます。

2016 年度環境活動方針
1.グローバル環境経営の推進
   ① CO2削減活動の継続と横展開
   ② ゼロエミッション※、廃棄物削減の維持   ③ 環境負荷物質管理の推進
2.グループ環境事故の発生「ゼロ」の維持
   ① 環境管理の維持・向上         ② 環境法令順守の維持と新規法令対応
   ③ 環境設備の運用維持と保全

※グループ内のゼロエミッションの定義:
   再資源化率99.0%以上、サーマルリサイクルも再資源化とみなす

ページの先頭へ