メニューを開く

企業情報

従業員

当社は「人を大切にする」という企業風土のもと、従業員を大切な財産と考え、「人財」の雇用と育成に取り組んでいます。多様な価値観を持った各人が個々の持ち味を生かして活躍できる企業であるよう、人財の多様性だけでなく、労働安全衛生、福利厚生などの充実を図っています。

人財の雇用と育成

雇用における基本的な考え方

当社は「常に新しい考え方と行動で成長する」ことを企業理念の中に掲げ、型にはまらず可能性に挑戦しチームワークで困難を乗り越える、意欲を持った人財を広く求めています。

求める従業員像

人財の多様性の面では、特例子会社を通じて障がい者雇用を一層推進しているほか、女性や外国籍従業員の採用には目標値を定めています。また、中途採用では、トップアスリートといった多様な分野で優れた能力を持つ人財を積極的に採用し、活躍を支援しています。

人財育成

当社の人財育成は、持続的成長のために、人財力、組織力の両面から質的向上を目指しています。

例えば、従業員一人ひとりが企業理念を意識し、行動に示すことを目的に、意識と行動の規範を明確に掲げています。これにより、一人ひとりが目指す人財像を具体化でき、年度ごとに能力開発目標を定め育成を実施しています。

各人が受講する研修制度には、階層別や職務・職能別の集合研修のほか、外国語・異文化研修などもあります。また、社外の研修も積極的に活用するほか、海外研修や通信教育などの選択肢を充実させ、自ら成長しようとする「個人」を「組織」の力で育成し、それらを「人事制度」でサポートする、三位一体の人財育成に会社全体で取り組んでいます。

人財のレベルアップに向けた様々な研修を実施人財のレベルアップに向けた様々な研修を実施

採用活動

採用活動は、当社独自の会社説明会を開催する一方、学校主催の説明会には人事部の採用担当者が積極的に出向いています。会社説明会では、若手従業員にリクルーターとして協力してもらい、学生とのフリートークの場を設け、実際に働いている従業員の生の声を聞いてもらうことにより、当社の企業風土や雰囲気をはじめ、就職後の会社生活をイメージしてもらえるような活動を行っています。

また、就職情報サイトでの情報開示とともに、当社ホームページでは「採用情報ページ」の設置、新卒採用向けの駅貼りポスターなども展開しています。

当社リクル−ターを交えての会社説明会を開催当社リクル−ターを交えての会社説明会を開催
当社ホームページの採用情報ページ当社ホームページの採用情報ページ
学食トレイでPR学食トレイでPR

障がい者雇用

ニッパツグループは、障がいを持つ人と持たない人が、ともに調和しながら「可能性への挑戦」「社会人としての自立」「社会との共生」を目指しています。

当社は、2002年4月から「企業としての社会的責任と地域社会への貢献」を目的に、障がい者を雇用する特例子会社「ニッパツ・ハーモニー」を設立しました。また、2009年3月からはグループ会社であるニッパン(日発販売)、日発運輸の2社を特例子会社のグループ適用会社として、障がい者雇用率向上を目指しています。

■障がい者雇用率の推移

2017年3月末現在、同社は神奈川県と長野県にそれぞれ2カ所ずつ、計4営業所を設け、58名の障がいを持つ従業員が元気に働いています。2016年度は地域の養護学校や法人から37名を受け入れて実習したほか、様々な企業・学校・行政の関係者など463人の方々が見学に訪れました。

障がい者の技能を競う2016年アビリンピック神奈川大会障がい者の技能を競う
2016年アビリンピック神奈川大会

労働安全衛生と健康増進

労働安全衛生

当社は、2000年度から労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)を導入し、2003年度から全社展開しています。「ゼロ災害」を目標に労働災害の撲滅を推進するため、次のような取り組みを行っています。

労働災害の発生頻度を表す指標となる休業度数率は、近年の活動成果から全産業平均や製造業平均よりも下回っています。今後は、労働安全衛生マネジメントシステムのPDCAサイクルを適切に回し、安全衛生管理のさらなるレベルアップを図っていきます。

■労働災害による休業度数率推移

●健康増進の取り組み

当社では、2016年4月に「健康推進定則」を制定し、従業員の健康保持、増進の考え方を策定しました。本定則は従業員の健康寿命の保持増進を行うことにより、持続的な企業価値の向上を実施することを目的とし、中央安全衛生協議会を健康推進の最上位機関と位置づけ、会社、従業員、健康管理スタッフ等の役割について規定しています。

2018年度までの健康増進達成目標として「適正体重:BMI25以上割合20%以下」「全事業所の血圧有所見率15%以下」を掲げ、従業員への活動量計配布による運動機会の増加、各事業所の食堂を利用した食育活動などを実施しています。また、2017年度より副社長をトップとした全社専門会議「中央健康推進協議会」を発足させ、全社健康施策の方針、実施状況について討議しています。メンタルヘルス対策では、新任管理監督職研修の刷新、管理監督職へのeラーニング実施など、新たな取り組みを行っています。

メンタルヘルス研修メンタルヘルス研修

福利厚生

当社は、従業員の快適な会社生活を支援するため、社会環境に 応じた福利厚生の充実に努めています。特に、安全で安心でき る働きやすい職場づくりや、従業員同士のコミュニケーション が活発に図れるような取り組みに注力しています。心身の健康 管理、余暇の活動、定年後の安定した生活に向けた支援など、 総合的な福祉を目指した活動を行っています。

社内コミュニケ—ション活性化を目的に、全社スポーツイベントを開催社内コミュニケ—ション活性化を目的に、
全社スポーツイベントを開催

ページの先頭へ