メニューを開く

採用情報

メニューを開く

人・仕事紹介

生産技術・製造技術 PROFESSIONAL

人と人とを繋げる、
HUBのような人財になる。

ニッパツを知ったきっかけは?
就職活動中に自分の研究課題であった情報セキュリティーに力を入れていることを知ったからです。大学教授からの推薦があったことも大きいですね。
ニッパツに入社しようと思った理由・決め手は?
ばねを基軸に多くの事業や製品を開発・製造していることが、やはり一番の理由です。加えて、会社の規模が大きいことや、説明会の担当の方々が優しかった事も決め手の1つになっています。
現在の仕事の内容について教えて下さい。
生産性向上を目的とした製造技術や、生産技術の業務全般を担当しています。具体的には、精密ばねのアッセンブリー工程の改善や、クリーンルーム、水素炉のレイアウト構築などです。

現在の仕事の面白さや醍醐味は?
量産製品の品質を保ちながら、いかに作業者に負担をかけずに、生産性を向上させるかを常に考えています。
自分が考えた工場レイアウトが上司から誉められると、この仕事をやっていて良かったなと思います。
自分の職場や事務所の雰囲気は?
活気のある職場ですよ。事務所内には製品設計や金型設計、各種開発部門のみならず、総務や生産管理など事務系の職種まで全てあります。私は生産現場と深く関わっているのであまり席にはいないですが(笑)。

ニッパツの強みや魅力はどこにあると思いますか?
ばね技術を根幹として幅広い分野の製品を手掛けているところです。開発設計、材料開発、設備開発やその改善対策を世界レベルで行っています。海外のお客様が日に日に増えていますが、そのグルーバル化もきちんと対応しています。
仕事をする上で心掛けていることは?
人に業務指示を出す時は、メールだけではなく直接会うようにしています。手間はかかりますが、何故この業務が必要なのか、細かいニュアンスを伝えるために必要だと考えています。
あなたの将来の目標は?
厚木工場の中で、設備に関しては“中村”に聞けば間違いない、と言われるような存在になりたいと思っています。
入社前と入社後のギャップはありましたか?
入社前は金属関係の会社という認識しかありませんでしたが、金属以外の分野へも世界進出し、多岐に渡るお客様がいる会社であることが分かりました。
今の仕事に必要だと思うスキルや資質は?
人と人との繋がりを作る、言うなれば“HUB(ハブ)”のような“人財”になりたいと思います。どんなに生産ラインの自動化が進んでも、設備を操っているのは“人”である事に変わりはありませんから。
就活中の人に向けて、メッセージ・アドバイスを。
仕事はやりがいを感じ続けられるからこそ、継続できるものだと思います。特に理系の方は、就職活動を始める前に、会社に入って何をしたいのか?将来はどのようなエンジニアになりたいのか?をジックリと考えて欲しいと思いますね。

精密ばね生産本部
厚木工場製造一課
中村 徹

【出身学部・専攻】
工学部システム制御工学科
【異動履歴】
精密ばね製品設計を経て、現職。
ある一日のスケジュール
8:00~
出社。メールチェック
8:30~
課内打合せ
9:30~
生産現場確認。品質、生産進捗など
11:00~
生産設備ジグ設計、設計検証
14:00~
生産現場対応
16:00~
設備点検報告書作成
19:00~
退社

エントリーはこちらから
リクナビ
携帯電話からは以下のQRコードを読み取ってアクセスできます。

ページの先頭へ