メニューを開く

製品情報

機能説明

実験計画法

直交表を用いて、特性値に対する設計要因の影響度を効率よく解析する方法として、従来より品質管理を中心に広く用いられている方法です。設計要因を直交表の列に割り付け、直交表の各行が実験や解析で必要となる各要因のパラメータになります。「DesignDirector」では、設計要因と各要因が取り得る最小値及び最大値、要因の水準数を入力することによって、自動的に直交表が作成されるので、実験計画法の初心者の方でも簡単に取り扱うことが可能です。また、要因同士がお互いに影響を及ぼしあう交互作用がある場合にも対応しています。
作成された直交表に基づいて実験または解析を行い、その結果を特性値として入力すると、「DesignDirector」は自動的に各要因を変数とした、水準数に応じた最大4次式までの特性値の推定式を求めます。

感度解析

実験計画法のステップで求められた推定式を各要因で偏微分することで、それぞれの要因の影響度を評価する感度を求めることが出来ます。この感度は、設計要因の単位量の変化による特性値の変化量を表しているので、結果的に特性値に対する設計要因の定量的な影響度を示すことになります。「DesignDirector」では、この影響度の強弱を視覚的に表すため、ユーザはどの要因が特性値に対して影響が大きいのかを、簡単に判断することが出来ます。

再解析

一般的に紹介されている再解析法は、要因の数値の変更前に実施した解析結果を利用して効率よく再度解析を行う方法です。しかしながらこの方法には、(1)変数値の変更範囲が狭い(2)大掛かりな解析を行う場合、大型のコンピュータが必要となる他に、多大な時間を必要とする等の問題が揚げられます。
「DesignDirector」では、自身が作成した推定式を用いているので、それぞれの要因の数値を変更するだけで、瞬時に特性値を求めることができます。数値の変更をしながら検討を行っている現状と比べると、「DesignDirector」は作業の効率を大きく向上させることが出来ます。

ばらつきの評価

「DesignDirector」では、一次近似二次モーメント法を推定式に適用することで、ばらつきによって発生する評価対象のばらつきの推定式を作成することが出来ます。この推定式から求められる標準偏差や変動率などにより、ばらつきの評価を容易に行う事が出来ます。

最適化設計

特性値の推定式を最適化問題の目的関数又は制約関数に指定することにより、簡単に最適な条件の組み合わせを導き出す事ができます。
また、「DesignDirector」では、連続・離散変数に対応することができます。特に連続変数の場合は数理計画法の中でも最も効率的な手法とされている逐次二次計画法(SQP法)を用いて最適解を求めています。

ページの先頭へ